第2回JICAウズベキスタン企業経営者研修を開催しました

KAZENグループは、社会貢献の一環として国際協力機構(JICA)が実施しているウズベキスタン国別研修「企業経営者特定分野研修」に協力し、2017年7月に最初の研修を受け入れましたが、2017年11月9日(木)に2回目の受け入れを行いました。

当日は久喜工場/東日本物流センターにウズベキスタンの中小企業経営者等9名の受講生を迎え、経営管理に関する研修を開催しました。

前回は物流倉庫におけるハンディターミナルとバーコードを利用した出荷システムに対する受講生の関心が非常に高かったということと、今回はIT企業やITを有効活用している企業が中心ということで、出荷システムの説明や見学に比較的長めの時間を割きました。

その後、久喜工場のCADや縫製の各工程についての説明・見学を行いました。

今回も非常に活発に受講生から質問が発せられ、受講生の皆さんの熱気が伝わってきました。今回は特にKAZENのビジネスモデルがなぜ成立するのか、という観点からの質問が多かったように感じられました。

ウズベキスタンの発展の一助となれば幸いです。